内祝いの基礎知識を理解してしっかりと準備しよう

ウーマン

祝い返しは丁寧に行う

出産祝い

出産内祝いは最低限のマナーを把握して丁寧なお返しをするようにしましょう。せっかく感謝の気持ちを伝えようと思っているのに、マナーを知らずに相手に不満をいだかせるのは誰もが不本意でしょう。

View Detail

感謝のお返しは重要

結婚祝い

結婚祝いのお返しは必ずするようにしましょう。結婚式をあげていなくても、お祝いをくれる人がいます。式ではないのだからといってお祝いへのお返しをしないと失礼にあたってしまいます。祝ってくれる人全てに感謝の気持ちを持ちましょう。

View Detail

通販サイトを活用しよう

結婚式

結婚内祝いは通販サイトを上手に利用することで手早くおくることができます。最近の通販サイトはお祝い用の贈り物や付随サービスが充実しているものがたくさんあります。内祝いの相手先が複数に及ぶ場合は役に立つでしょう。

View Detail

商品の選び方

プレゼント

入学や結婚、出産などの人生の晴れ舞台のタイミングでおくるお祝いが内祝いです。普段の生活で頻繁にでてくる言葉ではないので、わからない方もいるかもしれません。内祝いはどのタイミングで渡せばいいのかなどを簡単にまとめます。内祝いで誰もが体験しているであろうものが、進学祝いです。親戚の方から両親がもらっているシーンか、両親が親戚におくっているシーンを誰もがみたことがあるのではないでしょうか。他には、結婚式でもらう引き出物も内祝いの一種類になります。内祝いという言葉自体に馴染みはなくても、生活の中で受け取ったり、渡したりをしている可能性はあります。内祝いの具体的な例である結婚式なら、お祝いをいただいた方にお返してとして内祝いを返すのが礼儀となります。もし引き出物を準備していても、お祝いと引き出物の価値があまりにも吊り合わない場合は、内祝いをおくるようにしましょう。少なくともお祝いを頂いた1ヶ月以内には内祝いをおくることができれば理想的です。金額の相場は半返しといい、頂いたお祝いの半額程度は必要になります。近くの百貨店などで祝い用のコーナーがある他にも、通販サイトなどでギフトを購入することもできます。どんな品物を選べばいいのかについて、細かな決まりはありません。しかし、相手のことを考えたものを選ぶ必要があります。ずっと使える器や日用品、食品をおくるのであれば保存の効くものにしましょう。昔ながらの習わしではありますが、もらった方は嬉しいものです。心を込めて何をおくるか考えるようにしましょう。